シキヒラタダのキャラクタ一覧

シキヒラタダの創作キャラを淡々とまとめただけのところ

ソフィア・ハリマ

種族:強化人間

肩書き(二つ名):智慧の番人

年齢:不明

身長:178cm

能力:瞬間移動、高い自己回復能力

口調:一人称「私」/二人称「キミ」「アンタ」「名前呼び捨て」

軍人の様な口調。

 

【身体的特徴】

長い髪はポニーテールにまとめ、横髪は左側は切り揃え、右側は伸ばして丸い装飾品を留めている。色は黒と青のツートーン。

緑色の鋭い目をしており、顔は彫りが深め。紺色の服を着ている。

今の世界に辿り着くまでは普通のポニーテールで髪も黒髪だった。

 

【性格】

生真面目で少し神経質。毅然とした態度は内面の脆さを隠す為の鎧であり、ふとした事で内面がにじみ出て涙ぐんだりする事もある。

過去の経歴と今の自分の立場上、出会った人とはいずれ別れねばならないという事が常に頭にあり、それ故に人と距離を置こうとする事が少なくないのだが、人の問題を見過ごす事が出来ない為、結果的にいろんな事に首を突っ込んでしまう。

経歴上何処となく知識があり、達観した部分も垣間見える為たまに知的な印象を与える事があるが元々がそんなに思慮深い性格でも無いのでもし同じ年月を生きた者と比較すれば全く頭は良い方では無い事がわかる。

レズビアン。そして恋愛不幸体質。初恋は相手を殺める事で終わり、今は決して届かない者に恋をする。

 

【経歴】

1.地下都市時代極東区

行き過ぎた遺伝子操作実験により生まれた「怪物」に地上を奪われ、地下に人が生活する事態となってしまった未来の世界。

「怪物」を根絶し地上で暮らす世界を取り戻す事を目的とし強化人間になった「特殊兵」の1人がソフィアだった。ソフィアは理性を失い怪物に変わる事を懸念され神経系を強化されていない「旧兵」であり、潜在的恐怖や自身の身体能力に追い付けずに次々に戦場で倒れる仲間を目の当たりにするが地上で暮らす夢と人類を守る使命を胸に戦い続け、いつしか周りに「もしや怪物なのでは」と囁かれる程の強さを持つ浮いた存在になっていた。

やがて特殊兵の養成が思わしくない事態を重く見た組織はまだ研究段階にも関わらず脳細胞の強化を行った「新兵」を導入し、「旧兵」のソフィアは新兵の養成とバックアップに従事する事になる。

ふとした事をきっかけにソフィアは地下で暮らす民間人の本音や敵として戦っていた怪物が人類の無責任な行為の結果生まれた事、面倒を見ていた「新兵」の後輩達が如何に危ない計画の上で改造された人間達かを知ってしまい組織から失踪、人類の愚行やそれに踊らされた自分に対する複雑な気持ちから最後には怪物含め世界の生物を滅亡させる行動に出る…

2.アストラルにて

生物を滅亡させる行動に出た後長く気を失った感覚でいたソフィアが目覚めたのは薄暗い図書館、「全ての智慧の住まう場所」だった。

以前いた世界とは別の世界に何故か辿り着いたソフィアは、そこで【智慧の紫】と呼ばれる存在に出会い、「全ての智慧の住まう場所」の番人として働くよう言われる。更になんでか瞬間移動をする能力が備わったので郵送物の宅配などの仕事も請け負う事になる。

知らない世界にやってきて行く当ても無い、前の世界において自分の価値も見出せなかったソフィアにとって居場所を与えた【智慧の紫】は大切な存在であり、またいつしか特別な感情も持ち始めているがその気持ちが叶う事は決して無い。

 

【人間関係】

上司:【智慧の紫】(1番上)、七嘉孝(直属部署)

先輩:羽生カザノリ(部署違い)

 

【小ネタ】

 

広告を非表示にする