シキヒラタダのキャラクタ一覧

シキヒラタダの創作キャラを淡々とまとめただけのところ

惟神雛菜

種族:人間

肩書き(二つ名):協調性を欠いた無法者、第六感の惟神

年齢:幅広く

身長:160cm

能力:置かれる状況の客観視、勘が鋭い。

 

【身体的特徴】

目は赤茶色。常に薄ら笑いを浮かべている。ボリュームのある黒髪は後ろで団子にして横に流すか、ハーフアップにするか、後ろで束ねている事が多い。服装は動きやすいものを好むが気分によって路線が変わるので安定しない。

 

【性格】

名前の読みは「かんながら ひいな」。本人も読みづらいのを気にしているので一回だけ名前を伝え、あとは好きに呼んで良いと言う。「雛菜」と言う名前だけは自分のイメージに全く似合わないと感じており、呼ばれると非常に恥ずかしい為絶対に教えてくれない。

「明らかにおかしな人なのに何処がおかしいか言われると答えられない」というのが総評。幼少時より離人症気味で自分の行動が客観的に見え、自分の人生という映画を常に見ているような感覚で生活しているが故に時にとんでもなく我慢強く見える時がある。宗教、心理学やオカルトなど心理の関わるものに関しては広く浅く知識を持っている為それらを利用して他人の行動などある程度予測する。何処か演技掛かった行動をしたり、メタ発言をしたりする。常にあらゆる状況を予測して行動しており、その予測には日常には起こりえない事もある程度含まれているので周囲からすれば想定外の事が起きてもしれっとしてる事が多い。

ただ、彼女でも予測できない事が起こると非常に動揺してパニックを起こす事もある。本人は寧ろその方が自分が「観客であり演者」である事を忘れられ、自分が自分として生きている実感が湧くので嬉しいらしい。

協調性は全くの皆無。後述の過去から抑圧されていた自分の意思を尊重し、やりたい事を通そうとする。

本人は否定しているが言動や行動から霊感が有るのではと言われている。

 

【人間関係】

家族:父(別居)、弟(別居)、母(故人)

親戚:Cyborg846

弟:????

滅多に会わないがそれは互いの個性と人生を優先し、尊重している為であり、会った時には自分の「演技」を忘れて接することができる。

自覚してないが昔から弟には甘い。

交際相手:根岸中

ある程度相手の心理を見抜く事が出来る彼女だが、根岸だけは徹底した人間性の欠落ぶりはどうにも理解し難く、かなり翻弄される稀有な存在。知り合った当時はまだ幾らかあった人間性を取り戻してあげようと本人なりに手を尽くしている。

親友:吾妻真知果

推理には人の心理を考える事も必要である事を教えた存在でもある。また吾妻の出生を知っている(過去に読んだネット記事から何となく察した)アドバイスなどを聞いたり、妹のように気にかけてる。

 

【経歴(ネタバレ)】

・幼少期

親や親戚は西日本の出身だが本人は関東の田舎育ち。良家に育ち何時からか新興宗教に嵌った母に幼い頃から「幸せの為」「しつけ」と称し矛盾の多いスパルタ教育を受けていた。親の言う事を聞き地元民から浮いた惟神は同級生にもいじめられ、居場所が何処にも無く守ってくれる人も居ないが故にいつしか「自分を客観的に見る自分」を無意識的に作りあげて精神の均衡を保った。

・学生時代

呼ばれたら実家に帰る事を条件に親戚の家に居候させてもらい家から遠く離れた高校に進学、そこでは友人に恵まれ親も居ない為好きに生きる事が出来た。生徒会に所属した際に根岸に出会う。

生徒会の内部抗争の際に何者かに階段で突き飛ばされ左足に全1ヶ月の怪我をしている。

好きに生きる事が出来て自由になればなるほど今までの仕打ちと頻繁に勝手な理由で実家へ呼ぶ母への憎しみは一気に募り、進路志望や金銭問題で揉めて遂に母に対する鬱憤が爆発し、母の喘息発作が出た際咄嗟に吸引器を隠し部屋に閉じ込めて殺す。この殺人は事情を知る親戚の口裏合わせと状況から「事故」として扱われた。

・社会人

親戚のすすめで一応短大を出て、適当に就職している。短大在学時に根岸の居る他大のサークルへ顔を出している際に吾妻に出会う。

職場が残業も無くゆるいのを良い事に私生活は自由奔放に過ごしている。

 

【小ネタ】

・誕生日は3月3日。「雛菜」という名前になったのはほぼ誕生日のせい。

・元々は吾妻やその他のキャラが主人公を張る作品での「やや気になるモブ」的立ち位置で作ったキャラなので、私生活や一生はあんまり明確に決まっていない。多分そのうち根岸と結婚するが根岸に先立たれるだろうと思われる。

・親に抑圧された頃の経歴が凄まじい事に対して自分自身で生き始めた頃からは言動や行動が自由奔放でありながら、普通に就職して結婚し…と私生活が至って普通なのは、きっと彼女が無意識に1番に求めていたものが「平穏普通な人生」だからだろう

 

広告を非表示にする