シキヒラタダのキャラクタ一覧

シキヒラタダの創作キャラを淡々とまとめただけのところ

【PFFK】ヴァルキッス・プラー・ラデューク

種族:人間(再生人)

肩書き(二つ名):宮廷音楽家兼魔術師

年齢:不明(享年60)

身長:165cm

能力:歌唱を利用した召喚魔術


【身体的特徴】

やや白髪混じりのオールバック、八の字眉。目は暗い赤色で外見年齢は60程。左足が義足。赤いスカーフを首に巻き、黒い裾がボロボロの上着を羽織っている。とある音楽家によく似た外見。

【性格】

気難しそうに見えて案外フレンドリー。気遣いのできる人だが基本的に何を言ってるのかよくわからない所がある。記憶を失っている為か少し自信なさ気にも見える。


【経歴】

(PFFK前)

音楽を奏でながら召喚魔術で幻想的なライブパフォーマンスを行う芸風で人気を博し、宮廷音楽家に上り詰める。元々は召喚魔術を使えなかったが、食べ物を求めて森に入り行き倒れになった際にある賢女に出会い、召喚魔術を教えてもらい、先の芸風を身に付けた。

宮廷音楽家として、そして力のある魔術師として王宮内でも信頼を得ていたが、その信頼と能力が仇となり眠っている最中に胸を刺されて暗殺される。

葬儀は華美に行われ、多くの人の希望で遺体は目に見える形で安置されたがのぼせたファンに足を奪われてしまった為、樹木葬に変更された。

(PFFK)

その後国が滅び、国の者が次々蘇る出来事が起きた際にヴァルキッスも植えられた木を依代に復活するが、記憶を失っていた。かつての親友オリエントに再会し言われるままに旅をするが、悪魔に身体を奪われたオリエントに襲われ、その後は消息不明である。


【人間関係】

家族:特になし

親友:オリエント

友人:レイリー・テラー、アルベド


【小ネタ】

・バレないだろと思って某人をベースに作ったの、結構ばれて後悔してる

・左足が義足なのはキャラシを描くときどうしても左足がうまく描けなくて義足にしたという作画上の理由だったりする。