シキヒラタダのキャラクタ一覧

シキヒラタダの創作キャラを淡々とまとめただけのところ

【PFFK】オリエント

種属:人間
肩書き(二つ名):豊穣の魔女
年齢:不明(少なくとも60より上)
身長:120cm
能力:植物の促成を促す魔術が得意。一粒の麦粒で1キロ四方の麦畑を一晩で作ってしまう。

【身体的特徴】
幼い姿と、20代くらいの女性の姿があり、普段は幼い姿でいる。水色の瞳、灰色の髪。ウサギのような長い飾りとポンポンの付いた独特な帽子を被っており、全体的にだぼだぼな服を着ている(有事に大人の姿になった際に不便のないように)
頭に二本の二又に分かれた細いツノがある。

【性格】
見た目の割には落ち着きがあり、物事をはっきり伝え、さばさばしているが美味しいものと寝ることには全力を注ぐ。高所恐怖症な所があり、若くて精力的な男性も苦手。
本名が別に有るが長く「オリエント」として生きていた為に忘れてしまった。
実は本名を忘れてしまう事は悪魔を内に宿す身としてはいつ悪魔に身体を乗っ取られてもおかしく無い非常に危険な状態で、結果的に彼女は身体を悪魔に奪われてしまう。

【経歴】
(PFFK前)
元々は薬草などの知識に詳しい「賢女」であった。
森で倒れていた事をきっかけに交流を持った男性(ヴァルキッス)が暗殺され、その罪を着せられて火刑に処されるが、悪魔に魅入られてしまい「魔女」に成り果てた為、生き延びた。
ちょうどその時闇の軍勢が疫病をばら撒き侵略を始めたため、処刑場にいた者をはじめ、国は全滅してしまった。
闇の軍勢から逃れる為に地方を転々としこの頃から「オリエント」を名乗る。闇の軍勢の支配に怯える人々を助けるがことごとく嗅ぎつけられ、折角助けた人も目の前で殺されてしまい、辛い日々を送る事になる。
時が流れて自分のいた国で、死者が次々蘇るという噂を耳にしたオリエントはかつて暗殺された友人の墓参りをしてい無い事に気付き、国へ帰るとそこには蘇ったヴァルキッスが横たわっていた。
(PFFK)
以後記憶喪失のヴァルキッスと共にオフトゥン団に身を寄せ旅をするも、長年押さえ込んでいた悪魔の浸食がかなり進んでいた。ヴァルキッスの記憶が戻れば救われるかもしれない、しかし記憶が戻る事で辛い事を思い出させてしまうという気持ちであまり積極的に行動が出来ず、遂に抑え込んでいた悪魔を制御する事が出来なくなり、身体を奪われてしまう。
それ以後の彼女の消息は不明。

【人間関係】
家族:特になし
親友:ヴァルキッス
友人:レイリー・テラー、アルベド

【小ネタ】
・特徴的な帽子のモデルはPSO2のコスチュームだったりする
・キャラシだとよく見るとポンポンにクソネミな顔が付いてる

改めてかなり重い過去を背負わせてしまったと反省してる
広告を非表示にする